"マリンレジャーの"魅力""楽しさ""感動"を多くの人に感じてもらいたい。
そして、私たちの生活に欠かすことのできない海の役割や大切さを次の世代に伝えていきたい。
UMI協議会は、海とマリンレジャーを愛するすべての人を応援します。

平成19年4月 に海洋基本法が成立し、「海洋性レクリエーションの普及」や「海洋教育の推進」が盛り込まれ、マリンレジャーの普及が一層重要になっております。このよう な状況の中で、裾野の拡大を図るために、マリンレジャーが「誰でも、気軽に、安心して、楽しめる」レジャーであることを発信することとともに、マリンレ ジャー振興を担う業界・団体が新たなマリンレジャー愛好者の拡大・定着に向けて、連携した取り組みが必要とされています。

そのため、ここに本趣旨の理念に賛同する関連諸団体が連携を深め、「(U)海に  (M)みんなで (I)行こう」を合い言葉に、海をより身近に感じることができる社会の実現を目指して、平成20年6月にマリン関連の公益法人等13団体により、UMI協議会が設立されました。

平成24年6月現在では、(財)日本海洋レジャー安全・振興協会を事務局として、15団体から構成されており、マリンレジャーの魅力やイベント情報などを広く一般の方々に発信したり、各団体の連携によるイベントの開催などを通じてマリンレジャーの裾野拡大や定着などに努めています。

平成24年6月1日 UMI協議会

UMI協議会参加団体

海の駅ネットワーク
住所 神奈川県横浜市中区太田町4-47
URL http://www.uminoeki.org/
http://www.umi-eki.jp/index.html
備考 プレジャーボートの利用促進を図るために様々なネットワーク活動を実施。
海の駅を拠点に合同クルージングの開催などを行っている。
公益財団法人
日本海事科学振興財団≪船の科学館≫

住所 東京都品川区東八潮3-1
URL http://www.funenokagakukan.or.jp/
備考 海運、造船その他の海事に関する科学知識の啓発に努めている。「船の科学館」は、次代を担う青少年に、船への理解と認識を深めるとともに、限りない未来に対する夢を育むことを目的として建設された。
一般財団法人
日本海洋レジャー安全・振興協会

住所 神奈川県横浜市中区太田町4-47
URL http://www.kairekyo.gr.jp/
備考 海洋レジャーの健全な発展を図るため、プレジャーボート救助事業、レジャーダイビングに関する緊急医療援助事業、レジャー活動の安全対策事業、舟艇の利用振興事業や小型船舶操縦士免許事業をおこなっている。
一般社団法人
日本マリン事業協会

住所 東京都中央区銀座2-5-1 浅野ビル6階
URL http://www.marine-jbia.or.jp/
備考 モーターボート・ヨット・PWC・マリンエンジン及び関連機器等のメーカー並びに販売事業者を中心とする業界団体。舟艇の普及・振興や技術の向上及び舟艇の安全、啓発、ボートショーの開催などの事業を展開している。
公益財団法人
日本セーリング連盟

住所 東京都渋谷区神南1-1-1 岸体育館内
URL http://www.jsaf.or.jp/
備考 オリンピック・セーリング競技への選手の派遣、セーリングに必要な技術の調査・研究、セーリング体験イベントや競技会の開催、指導員や審判員の養成など、セーリングスポーツの発展及び普及に努めている。
公益財団法人
日本釣振興会

住所 東京都中央区八丁堀2-22-8 日本フィッシング会館3階
URL http://www.jsafishing.or.jp/
備考 魚族資源の保護増殖、釣場環境の整備保全、釣りに関する知識の普及、釣りマナーの啓蒙等を行い釣りの振興を図っている。また、いつまでも釣りを楽しめる豊かな自然環境を次世代へとの理念から、釣場の湖底海底清掃事業も実施している。
一般社団法人
日本マリーナ・ビーチ協会

住所 東京都千代田区麹町4-5 海事センタービル3階
URL http://www.jmba.or.jp/
備考 マリーナ及びビーチの整備及び運営に関する調査研究、マリーナ事業及びビーチ事業に関し必要な指導を行う等により、マリーナ及びマリーナ事業並びにビーチ及びビーチ事業の健全な発展に努めている。
公益財団法人
ブルーシー・アンド・グリーンランド財団

住所 東京都港区虎ノ門3-4-10 虎ノ門35森ビル9階
URL http://www.bgf.or.jp/
備考 青い海(Blue Sea)と緑の大地(Green Land)を場として、幼児から高齢者までの『スポーツ・健康・人づくり』を目指して、海洋性レクリエーション活動を通じた青少年の健全育成をはじめ、"スポーツと健康"、"海洋教育"に関する様々なプログラムを全国に普及展開している。
マリンジャーナリスト会議
住所 東京都港区西麻布1-1-5 オリエンタルビル7階 玄株式会社内
URL http://www.mjc.gr.jp/
備考 ボート、ヨット、PWCの専門誌編集長と、マリンスポーツに関心を持つジャーナリストや関係者・有志の集り。「海の日」にボート、ヨット、PWC等のオーナーに無料体験試乗会の開催を呼びかける<海と遊ぼう720>キャンペーンや海に関する活動を讃えるマリン賞などの活動を通してマリンレジャーの健全な発展と安全普及を目指している。
公益財団法人
マリンスポーツ財団

住所 東京都港区三田3-14-10 明治安田生命ビル1階
URL http://www.maris.or.jp/
備考 各種マリンスポーツを支援し、水辺のスポーツを身近なものとして、誰もが気軽に体験できる体制を整備するとともに、水辺における安全確保と環境保全の啓発に努め、海事思想の普及・発展を目的に各種事業を展開している。
NPO法人
パーソナルウォータークラフト安全協会

住所 東京都千代田区丸の内2-1-1
URL http://www.pwsa-jp.com/
備考 PWCの安全操縦に関する啓発活動を推進すると共に、マナー・モラル向上を図り、自然及び社会環境の保全に努め、健全なるパーソナルウォータークラフトスポーツの普及・発展を目指している
社団法人
レジャー・スポーツダイビング産業協会

住所 東京都千代田区平河町2-12-18-9A
URL http://www.diving.or.jp/
備考 「水辺の環境保全活動」や「海好きな青少年を育成する事業」などの社会貢献活動を推進するとともに、「安全で楽しいダイビング」を消費者にお届け出来るよう優良事業者及び優良ガイドダイバーの認証事業を行っている。
一般社団法人
日本サーフィン連盟

住所 東京都文京区湯島1-7-9お茶の水ウチヤマビル4F
URL http://www.nsa-surf.org/
備考 サーフィンの普及と発展を目的として、全日本選手権大会をはじめとする国内大会の主催、国際大会への日本選手団派遣、指導員や審判員の養成、スクールの実施、サーフィンの調査・研究などの事業を展開している。
日本ジェットスポーツ連盟
住所 東京都港区三田3-14-10明治安田生命ビル1F
URL http://www.jjsfweb.net/
備考 水上オートバイの国内ルールの制定や改正、選手やレース艇の登録管理を行い、また排気音の低減対策や鉛、MTBEなどの使用燃料の制限等の環境保全対策並びに競技会の安全対策、日常活動のマナー向上などに関わる普及活動に努めている。
日本小型船舶検査機構 住所 東京都千代田区九段北 4-1-3 飛栄九段北ビル5階
URL http://www.jci.go.jp/
備考 国に代わって小型船舶の検査事務等を行う機関として、昭和49年に設立。現在は、全国33箇所の支部において検査事務等を行っているほか、小型船舶の安全啓蒙活動なども行っている。