ゲレンデデビューの前にルールとマナー

いよいよゲレンデデビューする時がやってきました。でもその前に知っていなければトラブルになりかねないサーフィンのルールやマナーがあります。しかも、そのゲレンデなりのローカルルールもあるので、注意したいものです。

1.ワンマンワンウェイブ

一つの波に一人しか乗ってはいけないというサーフィンの大原則です。サーフィン中の事故防止のためにずっと守られてきたルールです。だた、ブレイクに対してなので左右にブレイクしていく波では、グーフィとレギュラー側で二人が乗ることができます。

2.前乗り禁止

先にテイクオフしている人の進行方向の前方でテイクオフすることを前乗り(ドロップオフ)といい、禁止されています。混雑したポイントでは、波の奪い合い状態も珍しいことではないので、優先権を理解していないのと激しく注意されることを覚悟しましょう。

3.ライディングラインからはゲットアウトしない

ゲットアウトとはパドリングで沖に向かうことです。すでにライディングしているライダーのライン上、延長線上でこのゲットアウトすると非常に危険なので、絶対に行わないように注意しましょう。ワイプアウトでやむを得ない場合は、速やかに通過します。またゲットアウト中にライダーがランディングしてきた場合は、その進行方向の逆側にパドリングして回避するか、早めにダイブ(ドルフィンスルー)で潜って、邪魔にならないようにします。

4.グループエントリー(入水)の禁止

実際のポイントは非常に狭く多くのサーファーで混み合っているところが多いものです。そういった場所にグループで同時にエントリーしていくのもルール違反です。また、これ以外にローカルルールやそのゲレンデならではの暗黙のルールがあったりしますから、事前に確認しておくようにしましょう。

5.ローカルサーファーとビジターサーファー

ローカルサーファーとは地元で暮らすサーファーで、ゲレンデ環境を考慮しながらルールを決めて自主管理しています。ビジターで訪れるサーファーは、そこでのローカルルールに従い、ここでサーフィンを楽しませてもらうという謙虚な気持ちでエントリーしたいものです。

6.ビーチクリーン

当たり前のマナーですが、持ってきたゴミは全て持ち帰るというのが、自然の中で遊ぶ基本マナーです。例えゴミ箱が設置されていたとしても、多くのサーファーがそこにゴミを捨てれば、すぐにあふれてしまい、それを地元の人たちが清掃しなければいけません。ゴミは全て持ち帰り、来た時より綺麗にするという気持ちでビーチを離れましょう。